【奇跡のミネラル】マグネシウムってなに?

マグネシウムは奇跡のミネラル!

はじめに

私たちオーガニックサイエンス株式会社は、生命の源である海のミネラル「マグネシウム」に関わる製品の開発に取り組むヘルスケアカンパニーです。

マグネシウムスキンケア・ボディケアのとして、マグネシウムクリーム「マグバーム」の開発に成功をしたり、現在もさまざまな皆さまのカラダのお悩みに応えるべく、

「自然と共に生きる」ことを目指し、世界の研究者や機関と協力しながら、安全性の高い製品を通じて、人々の幸せと健康に貢献することを目指しています。

 

そんな私たちがマグネシウム商品を販売、開発していく中で「そもそもマグネシウムってなに?」というご質問をいただくことがあります。

皆さまにとってのマグネシウムへの印象を、ここで私たちからは「奇跡のミネラル」であるというご説明をさせていただきます。

私たちが日頃から話しているマグネシウムとは何かを皆さんに知っていただく機会となりましたら、とても嬉しいです。

 

マグネシウムといえば?

私たちがマグネシウム製品を友人や家族に紹介していた際、皆さまから意外と頂いた感想は何か・・・

 

『マグネシウムって、何か、、有害な金属じゃなかった?』

 

ちがーーーーーーう!!!!

違う!違う!

マグネシウムは、金属は金属なんですが、私たちが開発した商品の中に金属が入ってますよ!ってことではないんです。

 

私たちは、皆さまの幸せと健康への貢献を目指していますから、皆さまのカラダにとって有害なものはオススメしません。

ですが、マグネシウムってなに?と尋ねた時に、マグネシウムについて人それぞれの印象があることは、仕方がないのです!

それは、私たちがもともと学生の時に経験してきたものが、記憶に残っているからです。

 

呼ばれ方の違うマグネシウム

"金属"と呼ばれるマグネシウム

皆さんの青春時代を振り返ると、中学生の時に「マグネシウムの燃焼」という理科実験をしませんでしたか?

<実験内容>マグネシウムを燃焼させると空気中の酸素と化合して(酸化)、酸化マグネシウムになるというものです。

その燃焼の際は、マグネシウムは光を音を出して強く酸化します。

というような内容です。

 

そのような実験を通すと、マグネシウムの金属感は強いですよね!

金属を健康のために体に入れよう!と聞くと、なんか良くない感じがします(笑)

 

皆さまは「マグネシウム合金」なんて言葉もご存じですか?

マグネシウムを主成分とする合金なのですが、それはプラスチックよりもリサイクルしやすく、省エネルギーや事故防止の観点からも評価されています。

マグネシウムは工業的に金属として見た時、車や飛行機、精密機器、医療機器、スポーツ用具などにも使われている優れものなのです。

私たちの身近なところで、たくさんマグネシウムが使われていますね!

 

 

 

"栄養ミネラル"と呼ばれるマグネシウム

一方で、マグネシウムは栄養ミネラルの分野でも重要な役割をしています。

私たちがマグバームや新商品開発の際に、採用しているのが「塩化マグネシウム」です。

 

塩化マグネシウムとは、

海水をろ過した後に現れた他のすべてのミネラル (ナトリウムなど) が除去されるまで加熱されて残ったマグネシウムのことを言います。

マグネシウムは、他のミネラルよりも沸点が高いため、海水の最後に残るミネラルなのです。

 

そして塩化マグネシウムの特徴として